news

最新情報

深谷市における外構目隠しと植栽の選び方:美しい庭作りの秘訣

2023年07月31日
この記事の目次

自宅の中が、隣の家から見えているようで気になります。。。

それならば「目隠し」がおすすめです!今回はその説明をしていきます。

1.はじめに: 外構の目隠しと植栽の重要性

外構の目隠しと植栽は、あなたの家を単なる建物から特別な場所へと昇華させるための鍵となる要素です。目隠しはプライバシーを保つだけでなく、美観を高める役割も果たします。また、植栽は自然の要素を取り入れ、生活空間を彩ることが出来ます。

2.植栽による目隠しのメリット

  1. 自然な存在感: 植栽を用いた目隠しは、自然な雰囲気を保つことができます。これは、人工的なフェンスとは異なる、自然と調和した環境を作り出すことができます。
  2. ピンポイントでの目隠し: 1本ずつ植えることで、特定の視線を遮ることができます。これは、全体的な視線を遮るのではなく、特定の場所だけを遮ることが可能です。
  3. 景観の向上: 植栽は、その美しい外観により、庭や家の景観を向上させることができます。これは、ただ目隠しをするだけでなく、視覚的な魅力を加える効果もあります。
  4. 高所の視線対策: フェンスでは届かない高い場所も、庭木を用いることでカバーすることが可能です。これは、隣の建物が高層である場合などに有効です。

3.植栽の種類と選び方

植栽の目隠しは、大まかに2種類あります。
一つは樹木を植える。これはピンポイントで目隠ししたりする時におすすめです。
もう一つは生垣で分ける。これは面で目隠しする場合におすすめです。
それぞれに最適な植栽を確認してみましょう。

常緑樹(ピンポイント目隠しにおすすめ)

ソヨゴ

ソヨゴはモチノキ科・モチノキ属の常緑樹で、その生育の緩やかさと秋に色付く赤い実が特徴です。日陰でも美しく育ち、庭のあらゆる場所に植えることができます。葉は少なく、下を向いているため、元気がないように見えることもありますが、これが独特の雰囲気を作り出しています。また、シンボルツリーや目隠しとしての植栽にも適しています。

常緑ヤマボウシ

常緑ヤマボウシは、モクセイ科の常緑広葉樹で、原生地は中国です。耐寒性があり、関東では冬に多少落葉し、紅葉も楽しむことができます。花は5-6月に咲き、樹を覆うように美しい花を咲かせます。また、9-10月には食用になる果実もつきます。日照を好む陽樹で、半日陰でも生育します。成長速度はやや遅いですが、コンパクトに育ち、自然樹形を楽しむことができます。枝が混み合ってきたら内部の枝を間引くように透かし剪定をすると良いでしょう。

アオダモ

アオダモはモクセイ科・トネリコ属の落葉広葉樹で、その繊細な樹形と自然な美しさが魅力です。春には柔らかな白い花を咲かせ、夏には涼しげな葉を楽しむことができ、秋には紅葉の色付きも見ることができます。幹から枝先までが細く、シルエットも軽いため、背の高いサイズを植栽しても圧迫感を感じにくい特徴があります。また、その名の由来は、切った枝を水に浸けるとうっすらと青色を帯びることから来ています。生育はやや緩やかで、半日陰でも美しく育ちます。

イロハモミジ

イロハモミジは日本を代表する美しい新緑や紅葉の木で、庭の主役として植栽されることが多いです。カエデ科・カエデ属に属し、葉の切れ込みが深い種類の木が「~モミジ」という俗称で呼ばれます。低山で自生し、古い庭園や住宅の庭でもよく見かけます。春には小さな赤い花を咲かせ、秋には美しい紅葉を見せます。また、日陰でも育つとされていますが、実際には日陰に対応しながら陽を求めて成長します。そのため、樹形は環境に合わせて変化します。

生垣用植栽(面での目隠しにおすすめ)

トキワマンサク

トキワマンサクはマンサク科トキワマンサク属の常緑低木~中高木で、萌芽力が強く成型もしやすいため、多くの植栽用途に使われます。特に生垣としての存在が有名で、枝いっぱいに細い花弁の花を付けるのが最大の魅力です。また、ベニバナトキワマンサクはカラーリーフ植物としても人気があります。成長力があり、徒長枝やひこばえを必ず外しておく必要があります。紅花種と白花種で葉色も異なり、紅花種は濃い紅色(銅葉)の木と緑色が残り枝先のみ紫色をしている木があります。白花種は清涼感のある黄緑色で覆われます。

マサキ

マサキはニシキギ科・ニシキギ属の常緑樹で、古くから目隠しや生垣用として植えられてきました。葉は濃緑一色で、日陰でも育つ植木として人気があります。現在では、カラーリーフのマサキが多く流通しており、キンマサキ・ギンマサキ・ベッコウマサキなどが有名です。日陰でもカラーリーフを楽しむことができ、日向でも問題なく育つ剛健さを持ちます。また、乾燥や大気汚染にも強く、植栽シーンを選ばないというメリットがあります。

フイリサカキ

フイリサカキはツバキ科の落葉広葉樹で、不規則な白の覆輪が入るサカキの斑入品種です。日陰に強いサカキの性質を持ちつつ、明るい印象を与えることができます。日向でも日陰でも、カラーリーフとして活躍でき、刈り込みも可能で、目隠しや生垣としても使用できます。成長早さはやや遅く、乾燥にはやや弱いですが、湿潤な環境を好みます。自然樹形を楽しみ、枝が込み合ってきたら、花後に透かし剪定を行います。

深谷市の近くにある用土地区にはたくさんの植木屋さんがあります。
丸屋ドローイングは用土の植木業者の方々と直接繋がっています。
また、植栽の選定はお客様と共に行うこともあり
そうすることで、お客様の納得のいく植栽を見つけることが出来ます。

4.事例: 深谷市周辺での事例の紹介と分析

施工事例:植栽が迎えるナチュラル外構

  • クリックで拡大できます

駐車場入口に中木を2本植え、先にある玄関と建物東側のスペースを隠すことを目的として、常緑樹:オリーブ 落葉樹:アオダモを植栽しました。

この事例を見る

施工事例:植栽とタイルウォールのやさしいお庭

  • クリックで拡大できます

駐車場奥に動線を確保しながら樹木配置しプライベートスペースを隠すことを目的として、常緑樹:ソヨゴ 落葉樹:アオダモを植栽しました。

この事例を見る

施工事例:既にあるものと統一感がある和モダン外構

  • クリックで拡大できます

カーポートの奥に生垣をつくり和庭の演出と、自転車置場の目隠しを兼ねるために、常緑樹:トキワマンサクを植栽しました。

この事例を見る

施工事例:みんなが集まり、遊べるお庭

  • クリックで拡大できます

シンボルツリーが玄関付近を隠すために、常緑樹:ソヨゴを植栽しました。

この事例を見る

5.植栽の維持

目隠し植栽の維持には、定期的な剪定が必要です。これにより、植栽が適切な形と大きさを保ち、その目隠し効果を最大限に発揮できます。剪定は、植物の健康を維持し、病気や害虫から保護するのにも役立ちます。次に、適切な水やりと肥料の供給も重要です。これにより、植物は健康的に成長し、美しい外観を維持できます。また、季節や気候によっては、特定の植物に対する特別なケアが必要な場合もあります。
さらに、目隠し植栽の維持には、定期的な健康チェックも必要です。これにより、早期に問題を発見し、必要な対策を講じることができます。

6.まとめと問い合わせ方法

目隠しと植栽の役割と重要性について詳しく解説しました。外構における「目隠し」は、あなたの家をただの建物から特別な空間へと変える鍵となる要素です。更に植栽を用いた目隠しは、自然な雰囲気を作り出し、特定の視線を遮るだけでなく、全体の景観を向上させる効果もあります。また、方向などを考慮し植栽で備えると機能と景観が叶えることが出来ます。

丸屋ドローイングは、そんなお客様の暮らしを想像して制作をしています。
外構設計に関心を持たれた方は、丸屋ドローイングのお問い合わせページやお電話にてお問い合わせください。ご
要望やご予算に合わせた最適なプランをご提案いたします。

代表:丸橋 義行

外構でお悩みの方へ

エクステリア・外構をお考えで、予算に不安がある方へ、当社では無駄な費用を削減し、満足度の高い低コスト施工を提供します。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

代表:丸橋 義行

お問い合わせ

Copyright maruya drawing ALL RIGHTS RESERVED.